Corporate Vision

企業理念

Corporate History

私たちのあゆみ

1947年に石水幸安により、政府委託のでん粉加工業として創業したISHIYAは、翌年ドロップ製造を開始。札幌の茨戸にある、小さな駄菓子屋として産声をあげました。1960年代後半になると、大手菓子メーカーが北海道にも進出。当社のような小さな駄菓子屋さんは倒産の危機に直面していました。

2代目石水勲は、それまでの駄菓子製造から180度方針転換することを決意。北海道の良質な原材料を使い、手間暇かけた、高級洋菓子路線へとシフトチェンジ。その決断が功を奏し1976年に「白い恋人」が生まれ、40年以上経った今でも、北海道土産、ひいては日本土産として皆さまに愛されています。

1995年には、「イシヤチョコレートファクトリー(現白い恋人パーク)」をオープン。おかげさまで、国内外のお客様で賑わいを見せるテーマパークになりました。食の安心・安全にも真摯に取り組み続けた結果、2015年には「白い恋人」ラインほかでFSSC22000認証を取得。2017年には、更なる成長のために、道外初の直営店「ISHIYA GINZA」オープンや、最新鋭の設備を誇る北広島工場を完成させました。

近年では道産バニラの栽培や若手社員の農業研修を実施。ISHIYAは常に新たな挑戦をするとともに、持続可能な事業活動を目指し、衛生管理をはじめ社会貢献、環境保全などさまざまなことに尽力しています。

2022年に創業75年を迎える当社の企業理念は、「しあわせをつくるお菓子」。
私たちISHIYAは、この理念のもと、「100年先も、北海道に愛される会社へ」という長期ビジョンの達成に向け、北海道に貢献してまいります。

Corporate
Vision

企業理念

しあわせをつくるお菓子

私たちISHIYAが活動をしていくうえで、もっとも大切にしたいことば。
それが、『しあわせをつくるお菓子』です。
この「しあわせ」には、「お客様のしあわせ・地域のしあわせ・社員のしあわせ」
3つのしあわせが含まれています。

ISHIYAが届ける商品やサービスで、お客様をしあわせにすること。
北海道の観光・経済・文化的な活動を通じて、地域の活性化に貢献すること。
ISHIYAで働く社員と、その家族をしあわせにしていくこと。

どのしあわせも、等しく大切であり、欠けてはならないものです。

今日も一日、たくさんのしあわせをつくっていきます。

Action
Guideline

行動指針

  1. Fun! おかしなシゴトをしよう。 だって、おかしの会社ですから。

    ISHIYAの企業理念、「しあわせをつくるお菓子」。
    このコトバは、3つのしあわせのために生まれました。
    お客様のしあわせ、地域のしあわせ。そして、社員のしあわせです。

    たくさんのしあわせをつくるには、まず、私たち自身がしあわせであること。
    その為には、「楽しんで仕事をする」ことが必要です。

    もちろん、日々の仕事では困難が立ちはだかることもあります。 そんな時こそ、
    すこし立ち止まって 自分自身に問いかけてほしいのです。

    何のためにこの会社に入ったのか。 どうしたらこの仕事はもっと楽しくなるのか。

  2. Professional! プロ意識でシゴトをしよう。 だって、成長の源ですから。

    しあわせをつくるお菓子。
    その理念の根底を支えているのは、『最高級の原材料で、最高のお菓子を』と誓った、
    お菓子メーカーとしての誇りとプライドです。

    創業から脈々と受け継がれる ISHIYAイズム。
    『その道のプロとしての自覚』が、社員一人ひとりを成長させ、
    これまでのISHIYAを支えてきたのです。
    「プロ意識をもつ。」それは、スポーツ選手や職人系の専門職に限った話ではなく、
    仕事を持つ全ての人に向けられた言葉です。

    高い意識を持って仕事に取り組むことで、 仕事の質、周囲の信頼は高まり、
    さらなる向上心とやりがいが芽生えてくる、そう信じています。

  3. safety! 安心・安全な仕事をしよう。 だって、それが基本ですから。

    「しあわせ」や「おいしさ」は十人十色。時代や環境によっても、変わっていくものです。
    だからこそ一生追求できる。そんな面白さがあります。

    一方、「しあわせ」をつくるうえで絶対に欠かせないもの。それは「安心と安全」です。

    食品を扱う企業としての約束ごとであると同時に、社員一人ひとりが
    安心・安全に働ける職場環境のことでもあります。

    これまでISHIYAは、様々な挑戦をしてきました。
    新商品や新店舗の開発、新事業の立ち上げなど、
    これからも新しいことへのチャレンジは続きます。

    その為には、攻めるために守る。
    全ての挑戦は、「安心・安全」というしっかりとした基盤があるからこそ出来るのです。

  4. Team! チームで仕事をしよう。 だって、それが仲間ですから。

    白い恋人は、不思議なお菓子です。
    ラングドシャも、ホワイトチョコレートも、別々で食べるよりも、
    一緒に食べた方が何倍も美味しくなります。

    と、わが社のお菓子が教えてくれるように、日々の仕事も一人ひとりが個別に頑張るのではなく、
    様々な仲間たちと意見を交わし、 一緒に仕事をすることで、
    より大きなしあわせを生み出していけるのではないでしょうか。

    そして、時には意見と意見がぶつかり合ったとしても、どうか本音でぶつかり合ってください。

    社内で自由に何でも言い合える風土は、チームを活性化させ、チームにとってベストな選択、
    より良い方向へと導いてくれるはずです。