1. 石屋製菓
  2. 石屋製菓について

安全・安心への取組み

ページタイトル

安心・安全への取組み

安心・安全なおいしさを、いちばんに。この原点を忘れることなく、石屋製菓は次のステップをめざします。

石屋製菓は、お客様の信頼に応えられるよう、つねに本物の味と安全・安心を追求しています。
以下の項目を基本としながら、さらに具体的な取組みをすすめてまいります。

  • 「白い恋人」「美冬」につきましては、製造年月日と賞味期限をひとつひとつの袋に印字しています。
  • 賞味期限は、科学的、合理的根拠に基づいた保存試験等により得られた結果から設定します。
  • 製品検査、原料検査を入念に行ない、品質管理の徹底を図ります。
  • 外部機関のチェックを受けることでより高度なレベルでの安全管理を行い、衛生管理マニュアルに沿って厳重な衛生管理を行っています。
  • 外部の専門家を含めたコンプライアンス委員会を内部で運営。
    継続的にコンプライアンスの確立をめざします。
  • お客様サービス室では、お客様の声に幅広く耳を傾け、適切に対応するのはもちろん、
    経営に反映させていきます。

国際的食品マネジメントシステム『FSSC22000』の認証を取得いたしました。

 弊社は、安全で安心な製品、企業理念の「しあわせをつくるお菓子」作りを目指して品質衛生管理に取り組んでおります。
 近年、“北海道のお土産”としてだけではなく、“日本のお土産”として海外の多くの人にも愛され、より質の高いグローバルな品質管理が求められてきておりました。
 また、平成29年7月の新工場竣工に向けて製造工場だけでなく、原材料から製品出荷までの補助管理部門も含めた、全社的な食品安全の取り組み強化が必須の状況となりました。
 平成27年11月にFSSC22000認証取得に向けてキックオフし、全社一丸となって準備を進め、平成29年1月に認証を得ることができました。
 世界標準と言われるFSSC22000の認証を取得したことで、国内外のお客様をはじめとするお取引先様へ、より安全で安心な製品として認知いただけるものと考えております。

「札幌市食品衛生管理認定制度」に認定された施設

宮の沢工場(チョコ・ラング課)「白い恋人・サク」 宮の沢工場(焼き菓子課)「バウム」

白い恋人課 「白い恋人・サク」

「白い恋人」ができるまで

チョコレートの練り上げ

生地の混合練り上げ 生地の焼き上げ

チョコレートをサンド

製造年月日と賞味期限を個別に印字

検査(金属検出機付き重量選別機)

三枚結束

検査(X線検出機)

箱詰め

検品確認

宮の沢工場(チョコ・ラング課)「白い恋人・サク」 宮の沢工場(焼き菓子課)「バウム」

焼き菓子課 「バウム」

「白いバウムTSUMUGI」ができるまで

仕込み

焼成

検査

検査 製造年月日を印字

検査

包装の検査 箱詰め