1. 石屋製菓
  2. 石屋製菓について

企業理念

ページタイトル

企業理念

「しあわせをつくるお菓子」この言葉を胸に、新たな一歩を。代表取締役社長 石水 創

1947年に政府委託のでん粉加工業として創業した石屋製菓は、お陰様で昨年70周年を迎えることができました。これもひとえにお客様を始め、皆様のご愛顧、ご支援の賜物と心より感謝申し上げます。

昨年は、4月に東京・銀座の「GINZA SIX」に北海道外初の直営店舗となる「ISHIYA GINZA」をオープンし、7月は北海道・北広島市に主力商品である「白い恋人」「美冬」の新工場が完成するなど、チャレンジングな年でもありました。

北海道の良質な原材料を使い、手間暇をかけて、おいしいお菓子を低温低湿な環境である北海道の地で創ることにこだわってきました。まさに北海道と共に歩んできた70年です。 現在では、白い恋人を中心に北海道の土産菓子として、また、日本の土産菓子として国内外のお客様にご愛顧いただくようになりました。

私は入社以来、製造や販売、財務、物流、品質管理、商品開発と様々な部署を経験し、お客様に「おいしいお菓子」をお届けする楽しさと難しさを身をもって知ることができました。ひとつのお菓子をつくるのには、実に多くの人の創意工夫が必要なのです。
そこで社員1人1人の行動指針になるよう企業理念「しあわせをつくるお菓子」を掲げました。新たなことに挑戦する時、判断に迷った時、「これは、お客様の幸せにつながることなのか?」そう立ち返ることができる、新たな一歩を踏み出すことができる、自ら考えて行動を起こすことができる、そんな企業でありたいと考えています。

今後とも、ISHIYAをどうぞよろしくお願い申し上げます。

代表取締役社長 石水 創

コーポレートブランドロゴ

石屋製菓のロゴマークは、「北の夜空に輝く星」をイメージしています。 「ISHIYA」のゆとりある文字間は北海道の広大な大地を表し、最上級の意味を持つ「A」の上に輝く星は、高い志と向上心を持ち続け、品質のこだわりと、より高いステージを目指し追求していく企業姿勢を表しています。

石屋製菓 石屋製菓

経営理念

北の国の真心で心を結びます。
企業の理想・精神
私たちは安心と安全を第一とし、一つ一つ真心をこめて「北海道のお菓子」を創ります。
企業の存在目的
お客様に「おいしさ」と「喜び」を提供し、人と”人の心”を結ぶ役割を担います。
企業の価値観
何事にも正直・誠実に取組み、お客様から信頼される「お菓子メーカー」になることを誓います。
企業の行動規範
1. 良い製品は安心と安全の心から生まれる
2. 法令を遵守する
3. 決められたこと・約束は必ず守る
4. 人の心を大切にする
5. 自由に意見の言える明るい職場をつくる