1. 石屋製菓
  2. 商品紹介

美冬(みふゆ)

美冬(みふゆ)

チョコレートを楽しむための究極のレシピ

美味しさを引き出すために

「美冬(みふゆ)」は3つのチョコレートそれぞれの美味しさがさらに際立つフィリングを組み合わせました。
「ブラックチョコレート」には「ブルーベリー」、「ミルクチョコレート」には、「キャラメル」、「ホワイトチョコレート」には「マロン」。何十通りもの組み合わせを試行錯誤のすえ生まれた、チョコレートを楽しむための最適なフィリングです。

美味しさを引き出すために

チョコレートの香りを広げるために

空気の層を抱いたミルフィーユを挟み込むことで、一口目からチョコレートの豊かな香りが広がるように設計しました。香ばしさにもこだわったパイ生地は、バターを100%使用し、味に深みをもたらします。

チョコレートの香りを広げるために

ISHIYAのこだわりが詰まった本格ミルフィーユ

チョコレート工房の技を余すところなく

ISHIYAは、1980年からクーベルチュールを原料に、一粒一粒手作りのチョコレートを手掛けてきました。「美冬(みふゆ)」は、そんなISHIYAが誇るチョコレートの技とこだわりが詰まったミルフィーユ。ブラックとミルクは口どけなめらかなクーベルチュール、ホワイトにはやさしい味わいのチョコレートを厳選。
温度調整をしながら入念に練ることで、口あたりのよさと美しいつやを引き出し、さらに、パイ、フィリングとの絶妙なバランスが、「美冬(みふゆ)」を支えているのです。

「美冬(みふゆ)」は3種類。1つ1つの味を楽しんでいただきたい。

3種類の味には、それぞれに個性があります。
1.いちばん繊細な味わいの「ホワイトチョコレート」×「マロン」。
2.ほろ苦さと酸味が印象的な「ブラックチョコレート」×「ブルーベリー」。
3.力強いコクのある「ミルクチョコレート」×「キャラメル」。
お土産はもちろん、バレンタインやちょっとしたギフトなどどんなシーンにでもおすすめです。

また、「美冬(みふゆ)」のチョコレートは温度にとってもデリケート。直射日光をさけ、25℃以下の涼しい所で保存してください。お召し上がりの際は、冷蔵庫に入れてから少しだけ常温に戻していただくと、チョコレートの口どけやパイの食感など「美冬(みふゆ)」本来のおいしさをお楽しみいただけます。

美冬(みふゆ)いちご

甘酸っぱく爽やかないちごチョコレートに包まれているのはサックサクのパイと、酸味をきかせたいちごのフィリング。香り豊かなおいしさが、口の中で響き合うミルフィーユです。期間限定、一期一会(いちごいちえ)の味わいをどうぞ。

賞味期限

製造日から150日

アレルギー

小麦、乳成分、大豆
※卵を含む製品と共通の設備で製造した原料を使用しています。

美冬(みふゆ)の個包装が開けやすくなりました。

手で簡単に切れる「マジックカットフィルム」を採用。サッと開けて食べやすいパッケージに改良しました。

  • ここからカットすると上手に開けられます!

    【美冬裏面】

  • マジックカットを上手に開けるコツ

    「OPEN」部分を手でタテに切る

    「OPEN」部分を手でタテに切る

    ヨコに引っぱり裂いて開ける

    ヨコに引っぱり裂いて開ける

各種商品のご紹介

表示価格は全て税込価格です。

美冬(みふゆ)3個入
美冬(みふゆ)3個入
価格:390円
美冬(みふゆ)6個入
美冬(みふゆ)6個入
価格:761円
美冬(みふゆ)12個入
美冬(みふゆ)12個入
価格:1,522円

アレルギー

小麦、乳成分、大豆
※卵を含む製品と共通の設備で製造しています。

賞味期限

製造日から150日

栄養成分(1個あたり)

美冬 ブルーベリー
エネルギー たんぱく質 脂質 炭水化物 ナトリウム
134kcal 1.9g 8.4g 12.7g 28mg
美冬 キャラメル
エネルギー たんぱく質 脂質 炭水化物 ナトリウム
136kcal 1.8g 8.8g 12.5g 31mg
美冬 マロン
エネルギー たんぱく質 脂質 炭水化物 ナトリウム
133kcal 1.8g 8.3g 12.8g 31mg

オンラインショップはこちら

世界が認めた美冬

  • オンラインショップ
  • 取り扱い店舗

美冬紹介ムービー「美冬(みふゆ)のおいしいベストバランス」

美冬紹介ムービー「美冬(みふゆ)のおいしいベストバランス」

商品ラインナップ

ひとくちCOLUMN

美冬(みふゆ)

美冬(みふゆ)は、「白い恋人」に続くお菓子として、「北海道の美しい冬の風景」を表現。冬の寒い朝にきらめく「ダイヤモンドダスト」をイメージして、キラキラと輝くパッケージにしました。
また、美冬(みふゆ)というネーミングは、ミルフィーユの中に、「ミ・フ・ユ」という3文字が隠れていることも、実はこだわりなのです。